アパート建築の流れ

土地の活用方法を検討した結果、アパート建築をして経営をしていこうと決めたとします。これに該当する人のなかで、いったいどういう流れでアパートが完成するのか、気になってしまう人もいるでしょう。

簡単に流れを説明しますが、最初にどこに建築を依頼するのかを検討・決定します。
建築会社・工務店・ハウスメーカーが候補になりますが、ホームページをチェックする、業界誌を読む、資料請求を行なう、担当者と話す、過去実績を見せてもらう、モデルルームへ見学に行く、見積もりやプランの提案をお願いするといった活動をし、希望に合うところに建築を依頼しましょう。

どこに建築依頼をするか決めたあとは、具体的なプランを決定します。これは業者だけが行なうのではなく、依頼者も希望を伝え、お互いの意見のすり合わせを行なうのが普通です。

どういうアパートにするかが固まったあとは、建築の確認申請、地鎮祭、着工、上棟式、建築検査、落成式、アパートと保証書類の引き渡しの順に進んでいきます。なお、建築の確認申請を含め、引渡しまでに依頼者がすることは多くありません。なお、上棟式以降に不動産業者と入居者募集の相談に着手するのが一般的です。

以上がアパート建築の流れですが、当サイトではほかにもアパートを建てて経営をすることのメリット・デメリットのほか、建築業者選びの基本的なことを解説させていただきます。
アパート建築に関する基礎知識を得たい人はぜひお役立てください。