メリット・デメリット

アパート建築をする上で、どういったメリット・デメリットがあるかは検討している人なら気になることでしょう。メリット、デメリットの順に紹介しますので、参考情報としてお役立てください。

まずメリットですが、建てたアパートを人に貸し出すことにより家賃収入を得ることが可能です。絶えず入居者がいる状態をつくることにより、安定的に収入が得られます。
本業以外の収入獲得、老後の生活費の足し、失業中や入院中の無収入化防止など、得た家賃の使い道はさまざまです。

また、アパート経営はアパートの管理をしていかなければなりませんが、自分では難しいという人もいるでしょう。この場合も安心で、管理会社に費用を支払い管理を丸投げするようなことも可能です。

そのほか、アパート建築をローンで行なった場合、返済を家賃収入でする方法がありますし、ローンは団体信用生命保険があるため、万が一のことがあっても家族に返済を強いることにはなりません。また、所得税・固定資産税・相続税などの節約効果を得ることも可能です。

デメリットに関しては、空室の発生や家賃滞納の恐れがあるほか、入居者トラブルが起こるリスクがあります。また、アパートの老朽化によるメンテナンス費用が発生すること、地震や火事、台風などでアパートが被害を受ける可能性もあり、保険などへの加入は必須となります。