業者選びの基本

どこに経営するアパートを建ててもらうのかを決める場合の候補は主にふたつ。
ハウスメーカーに依頼する方法と、地元工務店に依頼する方法がありますが、検討するにあたって個々の特徴を理解しておくことが大切です。

まずハウスメーカーの特徴ですが、用意されているプランの範囲内であれば料金の負担が軽く済む場合が多いです。また、事前にモデルルームなどの見学が可能となっており、アパートの具体的なイメージがつかみやすいところも魅力のひとつといえるでしょう。
そしてハウスメーカーの場合、アパート完成後の経営に関するアドバイス・サポートなどが受けられるところも少なくありません。ただし、プランの範囲外になると費用負担が増したり、規格品が使用されていて自由度が低かったりすること、担当者が途中で変わりコミュニケーションが取りにくいことが難点としてあげられます。

一方、地元工務店に関してですが、費用負担が比較的軽くなる場合が多いです。また、プランという概念がなく、アパートの自由度が高い点も魅力ですし、担当者が最後まで変更にならない場合が多く、コミュニケーションがとりやすく信頼関係が築きやすいところもメリットのひとつといえるでしょう。
ただ、ハウスメーカーにあるような完成後の経営アドバイスやサポートなどまで期待できない場合が多い点がデメリットとしてあげられます。